イエスの誕生が12月24日に祝われる理由とは? - 2008年版ドイツ語新聞記事翻訳コメント

2008年12月24日

イエスの誕生が12月24日に祝われる理由とは?

キリスト教会ではイエスの誕生を公式には12月25日に祝います。イエスは血統的にユダヤ人でした。ユダヤ人たちの間では一日が零時から始まり24時で終わるというのではなく、一日は6時から(翌日の)6時までという風に計算するのです。

このことは歴史を通じて、キリスト教でもクリスマスに採用されたのです。ですからクリスマスは− 実は12月25日なのですが ― すでに12月24日に始まるのです。イエスの誕生がなぜ12月25日に決められているのか、このことについては確認できません。イエスの誕生日は正確にはいつなのか、今まで一度もはっきりとしていません。
aus Mo, 22. Dezember 2008 Oberoesterreichs Neue
ドイツ語原文はこちらから

週二、三回、無料! の「ドイツ語新聞記事」メルマガでも綴っております。
登録はこちら→●まぐまぐ

「人気blogランキング」へも


posted by Deutsch08 at 00:00| 知ってた? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。